17
August , 2019
Saturday

〝マネーの虎〟邱永漢さん遺族が20億円超の申告漏れ(今日見新々4月29日=水①)

2015年4月29日(水)11時38分更新

死してなおマネーで話題の邱さん…さすがである(画像は氏の著書「お金に愛される生き方」明治書院刊)

死してなおマネーで話題の邱さん…さすがである(画像は氏の著書「お金に愛される生き方」明治書院刊)

 中高年、特に還暦以降の年配者には〝金儲けの神様〟として知られ、いろいろとお世話になった読者も多いハズ。経済評論家であり、経営コンサルタント、さらに実業家でもあり直木賞作家(1955年「香港」で受賞)でもあった邱永漢さん(2012年死去、享年88)。氏の教えに従って、たんまりと虎の子を貯めた御仁にとって、まさに神様であったに違いない。当然、ご本人も相当貯め込んでいたようで、この日、東京国税局の税務調査で、邱さんから遺産相続を受けた日本在住の3人の親族が、20数億円に上る申告漏れを指摘されていたことが分かった。追徴税額は過少申告加算税などを含め約9億円で、すでに修正申告を済ませたという。

 関係者の話では、3人が相続した遺産のうち、相続した株式の一部を過小評価したり、配当所得を申告しなかったりしたことで、8億円ほどの申告漏れを指摘された。昭和を代表する経営の神様であった邱さんだけに、死してなお、金銭で話題になるところは、さすが「マネーの虎」中の「マネーの虎」の面目躍如と言ったところ?


関連記事


タグ

, , , , , , , , , , , ,

コメント




情報提供をお願いします

当サイトは、読者の皆さまと井戸端会議をする感覚で制作し、運営することを目指しております。

そのため随時、ジャンルを問わずに情報提供をお願いしております。ぜひご協力願えれば幸いです。

ただし何分、現在の運営状況では謝礼をお支払いできる余裕はございません。ぜひ当方の現況をご推察、ご理解のうえ、ご賛同、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

情報提供(各種問い合わせを含む)はこちらをクリックして、必要事項をご記入の上、送信してください。

受信順に拝読させていただきますが、何分少人数で運営しているため返信や回答が遅れるばかりでなく、すべてにおこたえできないことがありますこと、何卒お許しください。