15
November , 2018
Thursday

〝快優〟ロビン・ウィリアムズさん逝く

2014年8月12日(火)02時16分更新

 残念なニュースが飛び込んできた。米国の人気俳優ロビン・ウィリアムズさんが11日(現地時間)、カリフォルニア州の自宅で死亡しているのが見つかった。享年63歳。死因はまだ特定されていないが、自殺を図っての窒息死とみられている。

 ウィリアムズさんはもともとコメディアンとして役者人生をスタート。軽妙な演技と人懐っこい風ぼうで、日本でも人気が高かった。1994年(日本公開=以下同)の「ミセス・ダウト」では、ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞。妻に愛想をつかされて離婚した夫が、息子と娘会いたさに女装して家政婦として潜り込む役を演じた。抱腹絶倒のコメディータッチの作品が大受けし、今でも度々、地上波、BS等で放送されることが多い。

 他にも「グッドモーニング、ベトナム」(88年)や「パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー」(99年)、最近では脇役ながら「ナイトミュージアム」シリーズ(1は07年、2は09年)などに出演し、コメディアンとしての才能をいかんなく発揮、ほのぼのとした笑いを提供していた。

 その一方で、シリアスで落ち着いた演技にも定評があり、91年公開の「レナードの朝」では主演ロバート・デ・ニーロ(70)演じる難病患者を受け持つ医師役を好演。88年の「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」では心理学者を演じ、アカデミー賞助演男優賞を受賞した。この映画は共同脚本も手掛けた主演のマット・デイモン(43)が同脚本賞を受賞し、俳優としても確固たる地位を築いた作品として知られている。

 また声優としても活躍し、ディズニーアニメの「アラジン」(93年)や「ロボッツ」(05年)などにも出演している。

 突然の訃報に、各界からもウィリアムズさんの死を悼む声が寄せられた。

「彼は様々な役を演じ、得難い人物だった」(米オバマ大統領)「驚きで言葉が出ない。とても賢く、偽りのない人物だった」」(俳優スティーブ・マーティン)「友人である彼がいなくなったなんて、とても信じられない」(スティーブン・スピルバーグ監督)

 ウィリアムズさんは1980年前後に薬物やアルコール依存で悩み、一時克服したとされたが、最近もアルコール依存専門のリハビリ施設に入院していたこともあったという。また重度のうつ状態だったとも言われ、周囲も心配していた矢先の出来事だったようだ。合掌。

 


関連記事

    None Found

タグ

, , ,

コメント




情報提供をお願いします

当サイトは、読者の皆さまと井戸端会議をする感覚で制作し、運営することを目指しております。

そのため随時、ジャンルを問わずに情報提供をお願いしております。ぜひご協力願えれば幸いです。

ただし何分、現在の運営状況では謝礼をお支払いできる余裕はございません。ぜひ当方の現況をご推察、ご理解のうえ、ご賛同、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

情報提供(各種問い合わせを含む)はこちらをクリックして、必要事項をご記入の上、送信してください。

受信順に拝読させていただきますが、何分少人数で運営しているため返信や回答が遅れるばかりでなく、すべてにおこたえできないことがありますこと、何卒お許しください。