15
November , 2018
Thursday

スカイマークは大丈夫?

2014年7月31日(木)11時58分更新

 LCC(格安航空会社)のパイオニア、スカイマークが大ピンチ! 仏航空機メーカー・エアバス社から購入予定だった超大型旅客機A380の契約交渉が決裂、最悪エ社から総額数百億円規模の違約金が請求される可能性が出てきた。常にLCC業界を引っ張ってきたリーディングカンパニーだけに、同社が潰れでもしたら「LCC業界再編→航空運賃アップ」なんて、利用者にとって最悪の事態が訪れるかもしれない。どうなるスカイマーク!

――――――――◇――――――◇――――――◇――――――◇―――――――――

LCC業界を引っ張ってきたスカイマークが正念場を迎えている

LCC業界を引っ張ってきたスカイマークが正念場を迎えている

 31日、スカイマークは2014年4~6月期の決算(単体)を発表し、売上高が約182億円(前年同期比1.5%減)、純損益は約58億円(前年同期約12億円)の赤字だったことを明らかにした。赤字の主な理由として挙げられたのが、他のLCCとの競争激化や円安による航空燃料費の負担増だった。

 ところが今回発表された決算書の中で、最も注目されたのがエアバス社との交渉決裂で「重要な疑義を生じさせるような状況が存在している」と明記されていたことだった。

 もともとスカイマークは11年、エ社とはA380を6機購入する契約を結んでいた。そのうち1機は今年中に成田―ニューヨーク間で就航する予定だった。

 ところが決算発表にもある通り、円安とLCC競争激化のダブルパンチを食らい、スカイマークの経営環境は悪化、春先からエ社と購入機数カットなど契約変更等の協議を重ねてきた。エ社が出した条件はズバリ「大手航空会社(JAL、もしくはANA)の傘下入り」。スカイマークはこれを突っぱねた。結局、エ社は交渉打ち切りを通告し、事実上、交渉は決裂し、すでにスカイマークが前納した265億円が返済されない可能性があるばかりか、総額500億円とも700億円ともいわれる違約金が発生する可能性も出てきた。

 この話が表面化したのが29日、ここ1ヵ月は終値ベースで280~290円を付けていた同社の株価が、28日の288円を最後に急落。29日が250円、30日216円、31日はついに209円の年初来最安値をつけて取引を終えた。わずか3日間で30%近くも値を下げたことになる。

 同社の西久保社長は「ウチがなくなると航空業界は10年前の制約だらけの時代に逆戻りする」などと、スカイマーク存続の意義を力説。実際、これを裏付けるようにスカイマークの航空運賃に魅力を感じている利用者は少なくない。

 羽田―札幌間をよく利用するという横浜在住の会社員Aさんはこういう。

「JAL、ANAもスーパー特割だ何だと購入時期によってはLCC並みの割引運賃を設定していますが、2ヵ月近く前に予約しなければ、ほとんど予約は取れません。ところがスカイマークだと、搭乗1日前でもかなり安い割引チケットが取れます。それに大手は正規運賃が一律4万円近く(3万7790円=税込)しますが、スカイマークは正規運賃も時期によって変動します。安ければ2万円前後(2万900円=同)、一番の繁忙期でも3万円しませんから(今年のお盆時期で2万9900円=同)。スカイマーク様々です」

 しかし専門家の目は厳しい。

「今回の件は、どうみたって経営判断のミス。先行きを見誤った経営責任は大きい。打開策として不採算路線の休止や金融機関の借り入れなどを検討しているようだが、もし700億円というとてつもない額の違約金が発生したら、どこも助け舟など出してくれない。民事再生といっても、違約金が残ってしまうからあまり意味がない。仮にJALやANAに身売りするにしても、そんな負債を抱えれば株主代表訴訟を起こされるのがオチ。どこも引き取り手がないということもあり得る。そうなれば最悪破産というシナリオも現実味を帯びてくる」(大手民間調査機関の幹部氏)

 前出の会社員Aさんは「スカイマークが潰れたら本当に困ります。北海道にはエア・ドゥというLCCもありますが、機内のドリンクサービスなどがある分、相対的にスカイマークより運賃は割高です。最大のライバルのスカイマークが撤退したら、エア・ドゥが値上げするかもしれません」と不安を漏らす。

「今は運賃が多少高くても手厚いサービスを受けたい客と、サービスはいらないから極力安い運賃にしてほしい客に二極化している。それをわかっているからこそ、ANAやJALも傘下にLCCを持っている。仮にスカイマークが撤退しても、LCCの波は変わらないわけですから、そんなに心配する必要はないのでは」(前出・幹部氏)

 スカイマークの功績は誰もが認めるところ。「現経営陣の経営責任は重大だが、LCCのパイオニアとして、ぜひこの難局を乗り越え、改めて大空を飛び出してほしい」とこの幹部氏は言うが、果たして結末やいかに…。しばらくスカイマークの動向に目が離せそうにない。

 


関連記事

    None Found

タグ


コメント




情報提供をお願いします

当サイトは、読者の皆さまと井戸端会議をする感覚で制作し、運営することを目指しております。

そのため随時、ジャンルを問わずに情報提供をお願いしております。ぜひご協力願えれば幸いです。

ただし何分、現在の運営状況では謝礼をお支払いできる余裕はございません。ぜひ当方の現況をご推察、ご理解のうえ、ご賛同、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

情報提供(各種問い合わせを含む)はこちらをクリックして、必要事項をご記入の上、送信してください。

受信順に拝読させていただきますが、何分少人数で運営しているため返信や回答が遅れるばかりでなく、すべてにおこたえできないことがありますこと、何卒お許しください。